「ザ・ゴールコミック版」を読んだ感想

IMG_1700
IMG_1700

ザ・ゴールとは何か?

ザ・ゴールは1984年にアメリカで発表された。当時日本企業の競争力が世界を席巻していました。突出した日本の現場力に加えて、本の中に紹介されているTOCが日本の文化と余りにも一致しているため「日本で翻訳出版されると、貿易の不均衡がますます加速し、世界経済が破滅する」というエリヤフ・ゴールドラット博士の意思で、2001年まで翻訳出版が禁じられていたいわくつきの一冊

原作のエッセンスをコンパクトに漫画化。ストーリーを楽しみながらマネジメント理論であるTOCの基本がわかります。

ストーリー

主人公の新城吾郎(工場長)が赤字の工場を立て直すために仲間と知恵を絞って奮闘する物語です。

期限が3ヶ月、その間に経営を黒字にしないと工場は閉鎖・・・

更には、15%の利益向上を突きつけられ、TOC理論を用いて作業効率を改善していきます。

決して工場だけに当てはまる事では無く他の仕事でも同じ理論が当てはまると思います。ぜひあなたの仕事と当てはめながら読んでみると面白さが倍増するでしょう。

TOC理論とは何か?

それは読んでからのお楽しみ!ぜひ読んでみてください!

IMG_1700

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です