英語と中国語、勉強するならどちらが良いか?

英語 ビジネス

英語と中国語、どちらを学べばいいか迷っている人も多いかと思います。

しかも目的は人それぞれ、一概にどちらがいいとは言い切れません。もしあなたがビジネスの幅を広げたいと考えているなら英語をおすすめします。

しかし、中国語を習得する事によりビジネスの幅が広がるなら中国を勉強しても構いません。

英語圏の人口の割合

調べたところによると、世界人口70億に対して約25%の17.5億人が英語を使用しているとの事でした。

これは非常に高い数値で、つまりは4人に1人は英語を使用している事になります。

ビジネスとなるとさらにその割合は傾きます。

その事から考えても、英語を習得する方が利口と言えます。

英語と中国語はどちらが難しいか?

こればかりは人によって違うことがありますが、どちらも勉強した事がある人は中国語が難しいという人が多いです。その理由として「発音」にあります。

特に中国語は聴き慣れていない人がほとんどでその中国語独特のイントネーションが難しく感じてしまいます。

その反面、英語は中学、高校とほとんどの人が授業で経験しているため基礎部分も習得している人も多く、習得しやすいというよりは日常で親しみのある英語のほうが新たに手を付けやすい。

中国語の難しさ

ちなみに中国語の難しさとして「発音」を上げましたが、音の数が非常に多いのが特徴です。

それゆえに途中で挫折する人も多いいます。しかし、中国語もビジネスとして有効的だという人もいますし、人それぞれです。

英語をおすすめはしていますが、自分に合っている方を選びましょう。

英語 ビジネス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です